foxcaleについて

ビジネスミーティング

​不正調査業務のパートナーとして

高品質な​ワンストップサービス

デジタル・フォレンジックは、データの保全から始まり、データの加工処理、データレビューシステムの提供、データレビュー、結果報告までを速く・効果的に実施する必要がありますが、特に調査期限が限られている場合には、デジタル・フォレンジックが調査の足かせにならないようマネジメントする必要があります。

​当社では、調査経験が豊富なメンバーにより各プロセスのマネジメントを行っており、また、オリジナルのドキュメントレビュープラットフォーム「Foxcope」を用いることで、速く・効果的に不祥事の証拠を発見できる態勢を構築しています。

コンピュータープログラミング

不正調査テクノロジーの開発企業として

​Fast3

私たちは、ただのフォレンジックや不正調査の企業にとどまらず、不正調査のためのソリューションを自ら創り出す開発企業として設立されました。

私たちは、製品の開発理念として、”Fast3”を掲げており、お客様に3つのFastをお約束します。

1. 調査担当者が操作していて、どのシステムより速く快適に操作ができること。(Fast1 - UX)

2. 調査を効率化するための機能をいち早く取り入れ、効率的・効果的にレビューができること。(Fast2 - Function)

3. 人工知能や言語解析により不正証拠の可能性が高いデータをいち早くキャッチアップできること。(Fast3 - Scoring)

この3つを実現した不正調査特化型レビューシステム - foxcopeにより、速く・効果的に不正証拠の発見が可能になります。

Corporate Overview

会社名:

​株式会社foxcale

設立:

2019年12月

資本金

(準備金含む):

3,500万円

本社:

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-14-3 MT-O神保町3階

事業内容:

1. デジタルフォレンジックのソフトウェア及びハードウェアの企画、研究、開発、設計、製造、販売、保守、リース、賃貸及び輸出入並びにこれらに関するコンサルティング業務

2. デジタルフォレンジックによる収集データの解析、レビュー、データ入力及びそれに伴う事務処理の受託

3. インターネット等の通信ネットワーク及び電子技術を利用した各種情報提供サービス並びに情報収集サービス

4. 情報の収集、分析、管理及び処理サービス業、情報提供サービス業並びに情報処理やAIに関する研究及び開発

取引銀行:

三井住友銀行 神田支店

主な所属団体:

特定非営利活動法人 デジタル・フォレンジック研究会
​一般社団法人  日本公認不正検査士協会