Our Service

デジタル・フォレンジック

​(不正調査支援サービス)

デジタル・フォレンジックとは

磁的記録(電子データ)の保全を行うための調査技術です。


パソコンやスマートフォンなどのデジタルデバイスやクラウドサービスなどの普及に伴い、ビジネスや市民生活において、人間の行動や企業の情報はすべて電子データの中にあるといっても過言ではありません。今や電子データは、裁判や係争解決においては勝敗を決する証拠として、また、第三者委員会等による不正調査においては真実を究明するための重要な手がかりとして必要不可欠なものとなっています。

これらの電子データをいち早く保全し、内容を正確に解析することが裁判や係争解決、不正調査において非常に重要となります。

​当社では、デジタル・フォレンジックのすべての手続きを網羅的に請け負うことが可能です。

データの保全

証拠データが残っているPCやスマートフォン、メモリカードやメールサーバなど、あらゆるデバイスのデータを保全し、証拠が喪失しないように保護します。

不正調査においてはまず証拠を隠滅される前にいち早くデータを保全することが何よりも重要です。

当社はお客様と協力し、状況を把握しつつ最短のスピードで証拠を保全します。

証拠隠滅のために削除したデータなども可能な限り復元させていただきます。

プロセシング

保全したデータを解析する作業をプロセシングといいます。

当社では最新のプロセシング技術を使い、削除データの復元、パスワードの解除、重複データの削除などのプロセシング処理を

​スピーディに行います。